助産師 転職

看護師転職サイト比較(2021年版)一覧表で特徴や違いも丸わかり

ひぃママ
看護師で転職するのにおすすめな転職サイトって、ある?転職に失敗しないコツも、あれば知りたいなぁ。

こんな疑問に答えますね。

 

記事の信頼性

ちこ
この記事を書く私は、いまから1年前、転職サイトを使って今の職場に転職しました。そのときの実体験をぶっちゃけつつ、皆さんに共有していきたいと思います。

転職に悩みは付きものです。

「どんな病院を選べばいいんだろう…」「そもそも転職した方がいいのかな…」など色々と迷うこともありますよね。

そこで、転職サイトで今の職場と運命的な出会いを果たした私が、実体験をもとに転職サイトの選び方と共に、転職サイトをランキング形式で紹介していきます。

  • しつこい電話はかかってこなかった?
  • メールでのやりとりはダメなの?
  • 希望する条件はどんなことを話せばいいの?
  • 自分で探すのと、どっちがいい?
  • 転職サイトに登録したら絶対就職しないとダメ?

など、よくある転職活動時の疑問についても解説しているので、転職に悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ちこ
細かいことはいいから、ランキングを教えて!という方は、ここからどうぞ!

 

転職サイトの選び方

ひぃママ
転職サイトは、どうやって選べばいいの?
大手を選んでおけば、間違いないよー!
ちこ

転職サイト選び

  • 大手の会社を選ぼう
  • 取り扱い求人数が多い会社を選ぼう
  • 複数の転職サイトから情報を集めよう

大手の会社を選ぼう

転職サイトは、大手の会社を選ぶようにしましょう。

対応もていねいですし、電話をしつこくかけてくるようなこともありません。

 

取り扱い求人数が多い会社を選ぼう

転職サイトは、求人数の多いサイトを選びましょう。

求人数が多いほど、たくさんの条件を指定しても、自分に合った求人が見つかりやすくなります。

 

複数の求人サイトから情報を集めよう

転職サイトは、複数登録しておくのがおすすめです。

転職サイトによって、取り扱い求人が違います。

条件の合う職場の取りこぼしがないようにしたいですね。

 

看護師の転職サイトは電話がしつこい?

ひぃママ
転職サイトに登録したら、しつこく電話がかかってくるんじゃないの?
ぜーんぜんそんなことなかったよー!
ちこ

「転職サイトに登録したら電話がしつこそう…」というのは、転職活動をしていた当時の私の懸念点でもありました。

でも実際は、全然しつこくありませんでした。

最初に条件を聴取される10分程度の電話があり、それ以降は「○日の○時頃〜」とアポをとってからの電話だけだったので、負担に感じることはなかったです。

転職サイトから「しつこい電話」がかかってくることはなかった

 

電話でのやりとりしかできない?メールは?

ひぃママ
電話でしかダメなの?しゃべりたくないから、メールでやりとりしたい。
転職するかまだ決まったわけじゃないのに、電話で詰められるとなんかヤダよね。
ちこ

結論からいうと、基本は「電話」です。

わたしも、「情報収集したいだけだからメールで…」と思っていたのですが、基本はどこも電話対応のようです。

ただ、そっちの方が「手っ取り早い」というか、わずらわしいやりとりがない上に話もすぐ終わるので、慣れてきたら私も「電話で全然いいじゃん」という感じになってました(笑)

ちこ
緊張しなくて全然大丈夫だよー!

やりとりは基本「電話」

 

希望する条件はどんなことを話せばいいの?

ひぃママ
希望する条件って、どんなことを話せばいいの?
ちょっと高望みな条件を伝えるくらいがちょうどいいよ!
ちこ

希望する条件は、自分が望む条件を伝えるようにしましょう。

高望みするくらいが、ちょうどいいです。

ちこ
だって、せっかく転職するんですもん。自分の譲れないところは、押し通した方がいいです。

ちなみに私は、助産師として看護師の転職サイトを使いましたが、次のような条件を提示しました。

私の出した条件

  • 日勤の時給は2,000円以上
  • 夜勤は1回40,000円以上
  • 分娩件数は月30件程度
  • 病床数20床以下
  • 残業ほとんどなし

私の住む地域では、わりと高望みな条件でした。

はじめは、転職サイトの担当者にこの条件を伝えると、頭を悩ませている様子でしたが

私も「ここは譲れない」というスタンスで貫いたので、担当者の方も一生懸命探してくれて、最終的には、全ての条件を満たす今の職場に就職することができました。

条件は少し高望みなくらいでOK

 

転職先は「自分で探す」「転職サイトに登録」どっちがいい?

ひぃママ
実際、転職先は自分で探すのと転職サイトに登録するの、どっちがいいの?
両方試してみたけど、圧倒的に転職サイトだった…!
ちこ

私、これ両方やりました。

初めは「転職サイトからのしつこい勧誘がやだな…」「変な職場押し付けられたらやだな」という思いから、自らネット検索をかけ、徹底的に調べあげて、エクセルで表にまとめて… ということを、何十時間もかけてしていました。

職場選びで後悔したくない&納得のいく職場を見つけたいという思いが強かったので…)

そして「自分で調べて、病院に連絡」という方法をとっていたのですが、徐々に限界を感じていきました。

限界を感じた理由

  • 調べた病院が、今現在募集をかけているのかわからなかった
  • 分娩件数が、病院ホームページやネット掲載の求人票に記載されていなかった
  • 「給与はお問い合わせください」というものが多く、いちいち問い合わせが必要だった
  • 残業がどれくらいあるのか分からなかった
  • そもそも病院といちいち連絡をとるのが手間だった

限界を感じて、転職サイトに登録をしました。

そして、担当者をつけて感じたメリットはこんな感じです。

メリット

  • 担当者に条件さえ伝えれば、あとは条件に会う病院を勝手に探してきてくれる
  • 自分が知りたい情報は、全て転職サイトが聞き出してくれる(給与・残業・人員の配置など)
  • (過去にその転職サイトから転職した人の話を聞いてなのか)職場の雰囲気なども詳しく知っていた(※実際就職してその通りだった)

転職サイトを使った方が、職場探しは圧倒的に効率がいい

 

転職サイトに登録したら必ず就職しないとダメ?

ひぃママ
転職サイトに登録したら、就職するまでしつこくコンタクトとってきそう…
私もそう思ってた。でも、実際そんなことなくて、こっちが拍子抜けするほど、めちゃくちゃあっさりしてたよ。
ちこ

転職サイトに登録すると「就職するまでしつこく電話してきそう…」というのが、当初の私の考えでした。

でも実際はそんなことなくて、「合わないな」と思った転職サイトには、電話がかかってきたときに「もう決まったので大丈夫です」と伝えれば、向こうも引き下がってその後はいっさい連絡がありませんでした。

転職サイトに登録したからといって、連絡を経ってもOK

 

【看護師向け】転職サイトランキング

ここからは、私が実際に利用したサイトの中から厳選した転職サイトを、ランキング形式で紹介していきます。

第1位:看護のお仕事



 看護のお仕事の基本情報

おすすめ度求人数エリア
12万件全国

特徴

  • 全国各地に支店がある
  • 地域ごとに専任コンサルタントがいる
  • 看護師の生活に合わせ、24時間電話対応してくれる
  • 非公開条件が多い

\ 看護のお仕事を見てみる /

 

第2位:マイナビ看護師



 マイナビの基本情報

おすすめ度求人数エリア
5.2万件全国

特徴

  • 日本全国、エリアごとの求人を網羅している
  • 現場の聞き取りが行き届いており、雰囲気や働きやすい場所を紹介してくれる
  • 面接対策をしてくれるから、安心して本番に臨める
  • 業界最大手ということもあり、待遇面での交渉力が高い

\ マイナビを見てみる /

 

第3位:ナースパワー人材センター



 ナースパワー人材センターの基本情報

おすすめ度求人数エリア
4万件全国

特徴

  • 全国に15支店を持つ業界最大級の会社
  • 30年の歴史があり、転職において蓄積されたノウハウが多い
  • 利用者数10万人以上突破

\ ナースパワー人材センターを見てみる /

 

転職活動はまずは行動→動きつつ考えよう

転職サイトの選び方と、おすすめの転職サイトをランキング形式で紹介しました。

なんでもそうですが、まずは動いてみないと状況は変わりません。

ひぃママ
今回紹介した転職サイトを使うタイミングはいつ?

その答えは、今の職場をやめる前で、「今すぐ行動」がいちばんの正解です。

よくある話で「今の職場をやめてから考えればいいや」と思う人もいますが、一度職場をやめてしまうと、収入が0円になります。

履歴書にも穴が開くことになり、その状態で余裕をもって転職活動ができるかというと、メンタル的に微妙な感じがします…

転職サイトに一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ電話を待つだけです。

どのサイトも登録は1分程度で終わるので、ぜひこの機会に行動してみてくださいね。

-助産師, 転職
-,

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5