トラブル 授乳

助産師解説!乳腺炎症状かはこの5つを見ればわかる!あなたは大丈夫?

ひぃママ
乳腺炎症状には、どんなものがあるの?

このような疑問に答えますね。

 

この記事の内容

  • 乳腺炎とは
  • 乳腺炎の原因は?
  • 乳腺炎になりやすい時期や確率は?
  • 乳腺炎の5大症状とは?

 

 この記事を書いた人

授乳中は、誰でも乳腺炎になる可能性があります。

胸にしこりや痛みが出てくると、「もしかして、乳腺炎になったかも…?」と心配になることもありますよね。

そこで、乳腺炎の5大症状原因について、現役助産師が解説していきます。

乳腺炎になる確率やよく起こる時期についても解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

乳腺炎とは

ひぃママ
乳腺炎って、どういう状態?
乳腺炎は、胸に炎症が起きている状態をいうよ!
ちこ

乳腺炎とは、母乳を作る袋乳腺)に炎症が起きている状態をいいます。

炎症を抑えるために、体の中ではさまざまな反応が起こります。

乳腺炎は、胸の中で炎症が起きている状態

 

乳腺炎の原因は?

ひぃママ
乳腺炎になる原因ってなに?
授乳生活の仕方が、原因になっていることが多いよ!
ちこ

乳腺炎になる原因

  • 授乳の間隔が空きすぎた
  • 赤ちゃんが浅飲みだった
  • 乳頭に傷ができていた
  • 母乳の出がもともといい
  • 断乳した
  • 胸が圧迫されていた
  • ストレスや疲れがたまっていた

授乳間隔が空きすぎた

乳腺炎のほとんどは、「長時間、胸の中に母乳をため込む」ことが原因で起こります。

授乳を1回飛ばしたり、授乳間隔が5〜6時間以上空いたときなどが、これにあてはまります。

授乳を頻繁にしているうちは、授乳間隔を4時間以上空けないようにしましょう。

 

赤ちゃんが浅飲みだった

赤ちゃんが浅飲みしていると、母乳の飲み残しが起こるので、乳腺炎になりやすくなります。

抱き方」や「飲ませ方」を見直し、深く飲ませることが大切です。

参考記事
助産師解説!イラスト付き!授乳姿勢と抱き方はこれでバッチリ!

続きを見る

参考記事
助産師解説!授乳中に赤ちゃんの口を大きく開けさせる方法3選!

続きを見る

 

乳頭に傷ができていた

乳頭に傷ができていると、そこからが入って乳腺炎になりやすくなります。

 

母乳の出がもともといい

母乳の出がいいと、授乳後に胸の中に残る母乳が増えてるので、乳腺炎になりやすくなります。

 

断乳した

ある日を境に、突然授乳をやめる「断乳」は、乳腺炎を起こしやすいです。

代表的な断乳は、「断乳当日まで3時間おきの授乳を続けて急にやめる」というやり方ですが、その方法は、胸にかける負担があまりにも大きすぎます。

断乳は、ママの体にも負担の少ない方法を選ぶのがおすすめです。

関連記事
助産師解説!断乳と卒乳の違いは?時期や方法を徹底解説

続きを見る

おすすめ記事
助産師解説!断乳の仕方や時期はこれさえ読めば大丈夫!ポイントも

続きを見る

 

胸が圧迫されていた

抱っこひも/おんぶひも/シートベルトなどで、母乳の通り道乳管)が圧迫されることも、乳腺炎の原因になります。

同じ場所が長時間圧迫されないように、抱っこひもやおんぶひもを使っているときは、「紐部分」の位置を、ときどき変えるようにしましょう。

 

ストレスや疲れがたまっていた

乳腺炎になるママは、ストレス疲れがたまっていることが多いです。

リフレッシュする日もつくりながら、赤ちゃんのお世話に向き合ってみてくださいね。

 

乳腺炎になりやすい時期

ひぃママ
乳腺炎になりやすい時期はいつ?
乳腺炎は、産後2〜3週間に起こりやすいよ!
ちこ

乳腺炎がよく起こる時期は、産後2〜3週間です。

ほとんどは、産後1ヶ月半までの期間に起こります。

ただ、授乳をしている間はいつでも乳腺炎になる可能性があるので、授乳間隔などに気をつけながら過ごすようにしてくださいね。

乳腺炎は、産後2〜3週間に多い

 

乳腺炎になる確率

ひぃママ
私が乳腺炎になる確率って、どれくらい?
乳腺炎には、2〜30%くらいの確率でかかるよ!
ちこ

乳腺炎になる確率は、調査の種類によって幅がありますが、だいたい、2〜30%と考えられています。

乳腺炎になる確率は2〜30%

 

乳腺炎症状はこの5つをみる

ひぃママ
乳腺炎のときには、どんな症状が出るの?
」と「全身」に症状が出てくるよ!
ちこ

乳腺炎5大症状

  • 37.5℃以上の発熱
  • 胸のしこり
  • 皮膚の赤み
  • 痛み
  • 腕が上がりにくい

37.5℃以上の発熱

乳腺炎になると、が出ます。

めやすは37.5℃以上です。

ちこ
胸が張っているときに「脇」で熱を測ると数値が高めに出るから、「」に体温計をはさんで、熱を測るようにしてね!

 

胸のしこり

母乳の通り道(乳管)のつまりや、赤ちゃんの飲み残しが原因で、胸の中に母乳がたまると、胸のしこりとして触れることが多いです。

 

皮膚の赤み

胸の中に炎症が起きると、皮膚が赤くみえます。

皮膚が赤くみえるのは、炎症を起こしているところに、菌と戦う細胞をからだが届けようとして、血液の量が増えるからです。

 

痛み

母乳でできたしこりは、物理的に神経を圧迫するようになるので、胸に痛みがでてきます。

 

腕が上がりにくくなる

乳腺炎になると、炎症を起こしている方の腕が上がりにくくなります。

乳腺炎かは、5つの症状を見ればわかる

 

乳腺炎を放置するとどうなるのか

ひぃママ
乳腺炎を放置すると、どうなるの?
最終的には、うみ)ができるよ…!
ちこ

乳腺炎を放置すると、最終的には「膿(うみ)」ができます。

膿ができると、胸の皮膚を1.2cmほど切って膿を外に出さなくてはいけなくなる可能性が高いです。

症状が軽いうちに、対応していくことが大事です。

乳腺炎は悪化すると「膿」ができる

 

乳腺炎は時間勝負

乳腺炎の5大症状原因について、解説しました。

乳腺炎は、初めの症状が出てから「いかに短時間で症状を改善させていくか」というのが大切なポイントになってきます。

心配な症状が出たときには、今回紹介した内容を参考に、乳腺炎かどうかを見極めてみてください。

早め早めに対応して、不安のない毎日を送っていきましょう。

 

かんたん授乳ガイドをみてみる /

-トラブル, 授乳
-

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5