ママ 美容

助産師解説!授乳が原因の「おっぱいの左右差」を無くそう!美バストへ

ひぃママ
片乳ばっかり飲まれているせいか、胸の大きさ左右で2カップくらい違う。ちゃんと元に戻るのかなぁ…

こんな疑問にお答えしますね。

 

この記事の内容

  • 授乳中、胸の大きさにと母乳量に左右差が出る5つの原因
  • 胸の大きさの左右差=母乳をつくる力の差
  • 母乳をつくる力に左右差が出る原因とは
  • 授乳中に胸の大きさの左右差をなくすことはできる?
  • 卒乳や断乳をしたら胸の大きさに左右差はなくなる?
  • 左右差をなくすためにできる5つのこと

 

 この記事を書いた人

 

授乳中は、胸の大きさに左右差ができてしまうことがよくあります。

いくら仕方のないことだと分かってはいても、女性らしさの象徴ともいえるバストのバランスが崩れていくのを、黙ってはみていられないですよね。

胸の左右差はできるだけなくしたい」というのが、本音だと思います。

そこで、授乳中の胸左右差ができてしまう原因と、左右差をなくすために今日からできる5つのことを、現役助産師が解説していきます。

胸の左右差は今からでも少なくしていくことができるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

授乳中、胸の大きさ・母乳量に左右差ができてしまう原因

ひぃママ
そもそも、授乳中の胸の大きさに左右差ができるのはなんで?
母乳をつくる力が左右で違うからだよ!
ちこ

胸の大きさの左右差は、母乳をつくる力の左右差を現していることが多いです。

  • 大きい胸:母乳をたくさんつくれる
  • 小さい胸:母乳をあまりつくれない

胸の大きさは、母乳をつくる力を現していることが多い

 

母乳をつくる力に左右差ができる5つの原因〜授乳〜

ひぃママ
母乳をつくる力に左右差ができてしまうのは、なんで
考えられることは5つあるよ!
ちこ

考えられる5つのこと

  1. 赤ちゃんの飲みやすさ
  2. ママの抱きやすさ
  3. つまり
  4. 炎症
  5. 母乳の流れ

1.赤ちゃんの飲みやすさ

まず、「赤ちゃんの飲みやすさ」で母乳をつくる力に左右差が生まれることがあります。

赤ちゃんによっては、左右で「飲みやすい方の胸」「飲みにくい方の胸」があります。

飲みやすさと胸の大きさ

  • 赤ちゃんが飲みやすい方の胸:赤ちゃんは母乳をよく飲む→母乳をよくつくる→母乳をつくる袋(乳腺)はハリ感がある→胸の大きさはキープ
  • 赤ちゃんが飲みにくい方の胸:赤ちゃんは母乳をあまり飲まない→母乳をつくるはたらきが落ちる→母乳をつくる袋(乳腺)が萎縮する→胸の大きさが小さくなる

2.ママの抱きやすさ

ママの抱きやすさ」でも、母乳をつくる力に左右差ができてしまうことがあります。

多くのママは、利き手をメインに使った抱き方の方が、授乳しやすいです。

無意識に、抱きやすい方の胸から飲ませ始めていたり、吸わせる時間が長くなっていることが多いです。

そうした日々の小さなの積み重ねが、胸の大きさに左右差を生む原因になっていることがあります。

3.母乳の通り道(乳管)のつまり

母乳の通り道(乳管)のつまり」でも、母乳をつくる力に左右差が生まれることがあります。

母乳の通り道(乳管)がつまっていると、乳頭の舌触りが変わることが多いです。

赤ちゃんは、その微妙な変化を感じとって、つまっている方の胸から飲むのを嫌がることがあります。

そうなると、飲んでいる方の胸と飲まない方の胸で、左右差ができてしまうことがあります。

4.炎症

炎症」が原因で、母乳をつくる力に左右差が生まれることもあります。

母乳を作る袋(乳腺)に炎症が起きると、母乳の甘みが減ることが分かっています。

赤ちゃんは、母乳の味の変化を嫌がり、炎症を起こしている方の胸から飲まなくなってしまうことがあります。

5.母乳の流れが悪い

母乳の流れ」によっても、母乳をつくる力に左右差が生まれてしまうことがあります。

お腹が空いているのに母乳が思うように出てこないと、赤ちゃんはイライラしてしまいます。

母乳の出がいい方ばかりから飲むことで、胸の大きさの左右差はどんどん広がっていきます。

 

卒乳/断乳後、胸の大きさに左右差はなくなるのか

ひぃママ
卒乳断乳をすれば、胸の左右差はなくなる?
気にならなくなることが多いよ!ただ、授乳中の左右差が大きすぎると、授乳が終わったあとにも左右差が残ってしまうことがあるよ。
ちこ

授乳中にできてしまった胸の左右差も、卒乳や断乳後には気にならなくなることが多いです。

今、小さくなっている胸は、母乳をつくる力が落ちている胸なので、その胸に合わせるようにして、大きい方の胸が少しずつ小さくなっていくイメージです。

ただ、授乳中にできた胸の左右差が大きすぎると、授乳を終えたあとにも左右差が残ってしまうことがあります。

そのため、授乳中の左右差を極力少なくしていく方法を次で解説していきます。

胸の左右差は残らない人(多数派)と残る人(少数派)がいる

 

胸の左右差をなくし美バストを取り戻すために試しておきたい5つのこと

ちこ
ここから、胸の左右差をなくしていくために、授乳中に試しておきたい5つのことを紹介するね!この方法で、左右差が改善した人もいるから、ぜひ試してみてね!

試したい5つのこと

  1. 授乳方法を見直してみよう
  2. 小さい方の胸から飲ませてみよう
  3. タイミングよく飲ませてみよう
  4. 片方の胸で授乳を終わらせないようにしてみよう
  5. ブラジャーをつけて過ごしてみよう

1.授乳方法を見直してみよう

まずは、授乳方法を見直していくのがおすすめです。

授乳中の抱き方を変えると、飲まなかった方の胸から赤ちゃんが飲んでくれることがあります。

参考記事
助産師解説!イラスト付き!授乳姿勢と抱き方はこれでバッチリ!

続きを見る

参考記事
助産師解説!授乳中に赤ちゃんの口を大きく開けさせる方法3選!

続きを見る

 

2.小さい方の胸から飲ませてみよう

授乳のときは、小さい胸から飲ませるようにしましょう。

小さい方の胸は、母乳をつくる力が落ちている胸です。

赤ちゃんが空腹力強く飲んでくれるタイミングで、小さい方の胸から飲ませることで、左右の胸の大きさにバランスがとれてくることがあります。

 

3.タイミングよく飲ませてみよう

タイミングよく飲ませることも大切です。

赤ちゃんは程よい空腹のときに集中して飲むことができます。

空腹のサイン」で授乳してあげるのがおすすめです。

関連記事
助産師解説!赤ちゃんの「お腹が空いたサイン」知らなきゃ損!

続きを見る

 

4.片方の胸で授乳を終わらせないようにしよう

授乳するときは、両胸からバランスよく飲んでもらうようにしましょう。

片胸だけで終わらせない方法は、下の記事にまとめているので参考にしてみてください。

おすすめ記事
助産師解説!授乳が片方だけで終わる!左右を変える5つのタイミング

続きを見る

 

5.ブラジャーをつけて過ごしてみよう

おうちの中でも、ブラジャーをつけるようにしましょう。

とくに大きい方の胸は重みがあるので、重力の影響を受けやすいです。

そして、「垂れ」や「型崩れ」を起こす原因になります。

美バストをキープしていくために、胸全体をしっかりホールドしてあげましょう。

人気記事
助産師が選ぶ!授乳中&卒乳後に最適なナイトブラ3選

続きを見る

 

胸の左右差をなくしていこう!

授乳中に「胸の大きさに左右差ができる原因」と「左右差をなくすために試したい5つのこと」を解説しました。

授乳中に胸の左右差が目立ってくると、授乳を続けることに不安を感じ始めてしまいますよね。

胸の左右差は、工夫次第で少なくしていくことができます。

ぜひ今回紹介した方法を参考にしながら、バストケアに取り組んでみてくださいね。

 

かんたん授乳ガイドをみてみる /

-ママ, 美容
-,

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5