トラブル 授乳

助産師解説!乳腺炎で熱が出たときはどうする?対応方法まとめ

 

乳腺炎にかかると、よく熱が出ます

それと同時に、全身がしんどくなったり、関節痛や筋肉痛に苦しむこともよくあります。

そんなとき、「どうしたらいいんだろう?」と不安に思いますよね。

そこで、乳腺炎で熱が出たときの対応方法について、現役助産師が解説していきます。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 この記事を書いた人

乳腺炎になるとなぜ熱が出る?

ひぃママ
乳腺炎にかかると熱が出るのはなんで?

ウイルスや菌を死滅させようとする、体の防御反応だよ!
ちこ

熱が出るの、炎症に対する体の防御反応です。

乳腺炎では、母乳をつくる袋(乳腺)や母乳の通り道(乳管)に炎症が起きています。

ほとんどの炎症は、ウイルスや細菌がもとで起こります。

胸の中に母乳がたまっている時間が長かったり、乳頭に傷ができることが原因で乳腺炎は起こります。

考えられる原因

  • 授乳間隔がいつもより空いた
  • 授乳を1回スキップした
  • 赤ちゃんの飲み方がいつもと違った
  • 乳頭を噛まれた

乳腺炎になると熱が出るのは、胸に炎症が起きているから

乳腺炎のときに熱はどこで測る?

ひぃママ
熱を測ると、右脇と左脇で熱が全然違うんだけど、どっちが正確?

どっちもあまり正確じゃないかも… 授乳中に体温を測るときは、体温計を肘の内側に挟んで測ってみてね!
ちこ

授乳期間中は、胸に熱を持ちやすく脇の体温も高く出やすいです。

体温を測るときには、肘の内側で測るようにしましょう。

正確な体の体温を知ることができますよ。

授乳期間中の体温は、肘の内側で測ろう

 

乳腺炎で熱が出たときはどうする?

ひぃママ
熱が出たときはどうしたらいいの?

しんどいけど…、とりあえず授乳をがんばってみよう!
ちこ

乳腺炎を疑うときは、とにかく授乳するようにしましょう。

授乳をして、症状がよくなっているようなら、家で様子をみてもよいことがほとんどですよ。

  • 初めから症状が強くてツラい
  • 気になる症状が出てから24時間以上経っている
  • 授乳しても、赤みや痛み・しこりの大きさが・熱が全然変わらない

こんなときには病院へ行くことを考えてみてもいいかもしれません。

熱は、解熱剤(多くはカロナール)でよくなることが多いです。

鎮痛作用もあり、痛みも和らぎます。

症状がツラいときや、授乳で改善しないときには病院へ行こう

 

 乳腺炎のとき体は冷やした方がいい?温めた方がいい?

ひぃママ
熱が出るときって、体を冷やした方がいいの?温めた方がいいの?

自分が「快適」と感じるように、調整して大丈夫だよ!
ちこ

熱が出たときに、体を冷やした方がいいのか、温めた方がいいのか悩むこともありますよね。

基本的には、体の発す声に耳を傾け、快適に感じるように調整して大丈夫です。

寒いなら布団や服を着込んで温めて、暑いなら、涼しい格好をしましょう。

体は、ウイルスや細菌を駆除するためにさまざまな反応を出しているので、体の反応に身を任せつつ、快適に感じる方法を試してくださいね。

冷やすか温めるかは、そのときの自分次第

併せて読みたい
助産師解説!乳腺炎のときには冷やすが吉?冷やし方とコツは?

続きを見る

 

さいごに

乳腺炎で熱が出たときの対応方法について、解説しました。

乳腺炎は熱が高く出ることも多く急に起こることなので、ビックリしてしまいますよね。

体がしんどい中で赤ちゃんのお世話をするのは、いつも以上に大変だと思います。

しんどいときは無理せず、周りの人にヘルプを出しましょう

とくにしこりのある乳腺炎は、授乳でよくなっていくことが多いです。

授乳に専念できる環境を整えられると、乳腺炎をよくしていく上ではとってもよいです。

ぜひ、今回紹介した内容も参考にしながら過ごしてみてくださいね。

関連記事
助産師解説!乳腺炎になりかけているときの対処法は?どうしたらいい?

続きを見る

関連記事
助産師解説!乳腺炎症状かはこの5つを見ればわかる!あなたは大丈夫?

続きを見る

 

かんたん授乳ガイドをみてみる /

-トラブル, 授乳
-,

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5