ノウハウ 授乳

助産師解説!新生児は授乳のために起こす?7つの起こし方まとめ

ひぃママ
授乳の時間になっても、赤ちゃんが全然起きてくれないんですけど…(泣) どうしたらいい?

こんな疑問にお答えしますね。

 

この記事の内容

  • 新生児が授乳の時間になっても起きない理由は?
  • 寝すぎる新生児は授乳で起こした方がいい?
  • 授乳時間になっても起きない新生児を起こす7つの方法

 

 この記事を書いた人

授乳時間になっても、なかなか起きてくれない赤ちゃん。

そのまま寝かせておくべきか… 起こすべきなのか… めちゃくちゃ悩みますよね。

そこで、赤ちゃんはなぜ起きてくれないのか、その理由赤ちゃんを起こす7つの方法を解説していきます。

ぜひ、試してみてくださいね。

 

新生児が授乳の時間になっても起きない理由

ひぃママ
赤ちゃんが全然起きてくれないのには、なにか理由があるの?
ミルクの量体格が関係していることが多いよ!
ちこ

新生児が起きない理由

  • ミルクをあげすぎているから
  • 「小さめ」「早め」に生まれたから
  • 生理的なもの

ミルクをあげすぎている

授乳時間になっても新生児が起きてくれない理由の中で、1番多いのが「ミルクのあげすぎ」です。

ミルクは母乳に比べて、腹持ちがいいです。

そのため、ミルクを飲みすぎている赤ちゃんは、授乳時間になってもなかなか起きてくれないことが多いです。

今あげているミルクの量は「ちょうどいい」のか、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ記事
助産師解説!新生児に適切なミルクの量は?足りない&あげすぎを防ぐ

続きを見る

 

赤ちゃんが「小さめ」「早め」に生まれたから

授乳時間になっても新生児がなかなか起きてくれない理由として、次に考えられるのが、「小さめの体重」「早めの週数」で生まれた赤ちゃんです。

「小さめ」「早め」赤ちゃん

  • 小さめに生まれた赤ちゃん:体重2500g以下
  • 早い週数で生まれた赤ちゃん:37週未満

小さめや早めに生まれた赤ちゃんは、あまり体力がありません。

そのため、寝ている時間が長いことも多いです。

この問題に関しては、成長と共に解決していくことがほとんど。

もどかしい日々が続きますが、赤ちゃんの成長は本当にあっという間なので、もう少しの間待ってあげてくださいね。

 

生理的なもの

生まれてすぐの赤ちゃんは、1日のほとんどを寝て過ごします。

成長とともに寝る時間は、どんどん短くなっていくのですが、授乳のタイミングが難しいですよね…

ぜひ、赤ちゃんの「お腹がすいたサイン」を見つけてみてください。

授乳の機会が増えると思います。

参考記事
助産師解説!赤ちゃんの「お腹が空いたサイン」知らなきゃ損!

続きを見る

 

新生児は授乳のために起こすべき?

ひぃママ
授乳の時間になっても寝ている赤ちゃんは、起こして授乳した方がいいの?
前回の授乳から4時間経ったら、起こして授乳してあげて!
ちこ

ずっと寝ている赤ちゃんを、授乳のために起こすことを、かわいそうに思うこともありますよね。

ただ、赤ちゃんのエネルギー不足や、体重の増えへの心配が出てくるで、ある程度時間を区切って授乳していくことは大切です。

授乳間隔の目安は、最大4時間まで。

それ以上間隔が空きそうなときには、起こして授乳してあげてください。

1日に最低6回以上(4時間おき)は、授乳していきましょう。

4時間経っても起きなければ、起こして授乳しよう

 

授乳時間になっても起きない新生児を起こす!7つの方法

ちこ
ここから、起きない新生児を起こす7つの方法を紹介するね!

新生児を起こす7つの方法

  1. 授乳前にオムツを替えてみよう
  2. 肌着だけにしてみよう
  3. 「お腹がすいたサイン」で授乳してみよう
  4. たくさん話しかけてみよう
  5. 縦抱きにして背中をさすってみよう
  6. 両脇や足の裏をくすぐって(こすって)みよう
  7. ミルクを飲むときと同じ状況をつくってみよう

1.授乳前におむつを変えてみよう

授乳前におむつの中をチェックしてみましょう。

汚れていたら交換を!

おむつを交換する刺激で、赤ちゃんが起きてくれることがあります。

 

2.肌着だけにしてみよう

赤ちゃんを肌着1枚にしてみましょう。

赤ちゃんは、からだがぽかぽかとあたたかいと、心地よくて眠ってしまいます。

薄い肌着だけにすることで、目を覚ましてくれることがあります。

 

3.「お腹がすいたサイン」が出ているときに授乳してみよう

赤ちゃんが「お腹がすいたサイン」を出したタイミングで授乳してみるのもいいかもしれません。

お腹がすいたサイン

  • からだをもぞもぞと動かす
  • やわらかい声を出す
  • 手足をぎゅっと握りしめる
  • 舌を出す
  • おっぱいを探すような仕草をする
  • なにか吸っているような仕草をする
関連記事
助産師解説!赤ちゃんの「お腹が空いたサイン」知らなきゃ損!

続きを見る

 

4.たくさん話しかけてみよう

赤ちゃんにたくさん話しかけてあげましょう。

赤ちゃんは、しっかり耳が聞こえています。

 

「おっぱいの時間だよー」

「(名前)ちゃんー」

「起きてー」 等々…

たくさん声をかけてみてくださいね。

 

5.縦抱きにして背中をさすってみよう

赤ちゃんのからだを抱きするように抱え、背中をさすってあげましょう。

起きてくれることがあります。

 

6.両脇や足の裏をくすぐってみよう

両脇足の裏をくすぐったり、足の裏を強めの力で指圧するように、こすってみましょう。

弱い力だと起きないので、ほどよく指先に力を込めてください。

この方法で、たいていの子は起きてくれます。

 

7.ミルクを飲むときと同じ状況をつくってみよう

ミルクを飲むときと同じ状況をつくってみましょう。

赤ちゃんて、おっぱいは飲んでくれないのに、ミルクだと飲むことが、よくありませんか?

 

哺乳瓶だと飲む理由は2つあります。

哺乳瓶だと飲む理由

  • 赤ちゃんが口を動かし始める「哺乳スポット」を刺激しやすいから
  • 勝手にミルクが口の中に入ってくるから、口を動かさずにはいられなくなるから
ちこ
これを、おっぱいのときにも応用していこう!

赤ちゃんが口を動かし始める哺乳スポットは、上顎の奥の方にあります。

ここを刺激するために「できるだけ深く」おっぱいを口に含ませてあげましょう。

赤ちゃんが起きておっぱいを吸い始めてくれることがあります。

寝ているときでも、口におっぱいを入れて大丈夫ですよ。

唇や歯茎でガードされるているので、そんなに奥まで入っていくことはありません。

赤ちゃんの意欲を引き出していくために、口の中に母乳を搾ってみたり、横抱きでおっぱいをくわえさせているときに、赤ちゃんの口角から、ミルクを垂らしてみるのもおすすめ。

ちこ
口角からミルクを垂らすときは、哺乳瓶を逆さまにしてシリコン部分を指で押すと、ミルクが出てくるよ![/st-kaiw2]

 

まとめ:新生児は成長を待ちつつ授乳のタイミングで起こす

赤ちゃんが起きない理由と、赤ちゃんを起こす7つのポイントについて解説しました。

泣いてばかりの赤ちゃんも大変ですが、寝てばかりいる赤ちゃんも苦労しますよね。

今は1日のほとんどを寝て過ごす赤ちゃんですが、成長するにつれて、少しずつ寝ている時間は短くなっていきます。

しばらく不安な日々が続きますが、そんな日々もそう長くは続かないので、あまり心配しないでくださいね。

もう少しの間、赤ちゃんのペースに付き合ってあげましょう。

 

かんたん授乳ガイドをみてみる /

-ノウハウ, 授乳
-, ,

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5