お世話 赤ちゃん

助産師解説!赤ちゃんのゲップを出す方法とコツは?いつまで続ける?

ひぃママ
赤ちゃんのゲップがなかなか出ない… 私のやり方が間違ってるのかなぁ。

このような疑問に答えますね。

 

この記事の内容

  • 赤ちゃんがゲップしないといけない理由
  • ゲップさせる方法とコツ
  • 母乳をあげたときもゲップは必要?
  • ゲップが出ないときのやめどき
  • 赤ちゃんのゲップはいつまで?

 

 この記事を書いた人

ミルクを飲ませたあとに必要になる、赤ちゃんの「ゲップ」。

赤ちゃんが、なかなかゲップを出してくれないと「私のやり方がおかしいのかなぁ…」と心配になることもありますよね。

そこで、赤ちゃんにゲップさせる方法コツを、現役助産師が解説していきます。

母乳だけあげたときのときのゲップや、「いつまで」ゲップさせるのかについても解説しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

赤ちゃんがゲップを出さないといけない理由

ひぃママ
そもそもなんで、赤ちゃんはミルクを飲んだあとにゲップしないといけないの?
ミルクを飲むときに、空気を大量に飲み込んでいるからだよ!
ちこ

赤ちゃんは、ミルクと一緒に大量の空気を飲み込んでいます。

そのたまった空気で気持ち悪くなり、吐き戻してしまうことがあるので、ミルクを飲んだあとには、ゲップをさせてあげます。

ゲップをさせないと、「吐き戻し」の原因になる

 

赤ちゃんのゲップの出し方

ひぃママ
赤ちゃんのゲップのさせ方がよく分からない…
やり方は2つあるから、やりやすい方を試してみてね!
ちこ

ゲップのさせ方

  • 赤ちゃんをママの太ももに座らせる方法
  • 縦抱きするように赤ちゃんを抱き抱える方法

赤ちゃんをママの太ももに座らせる方法

まずゲップを出す1つ目の方法は、赤ちゃんを太ももに座らせる方法です。

首がすわるまでの赤ちゃんには、このゲップの出し方がおすすめです。

理由

  • 赤ちゃんの顔色をたしかめながらゲップさせられる
  • 首がすわっていない時期はこのやり方の方が赤ちゃんの体が安定する
ちこ
ここから、右利きのママを例に、やり方を説明していくね!

方法

  • 赤ちゃんを、(ママからみて)左側に向けて抱く。
  • ママの左太ももに赤ちゃんを座らせる。
  • ママの左手で、赤ちゃんの右脇を支える。このときママの左手の親指がストッパーになるように赤ちゃんの脇にかける。
  • 赤ちゃんを、前傾姿勢になるように傾ける。
  • 赤ちゃんの背中の上1/2~1/3を、トントンと軽くたたいてあげたり、下から上にさすってあげる。

 

縦抱きするように赤ちゃんを抱き抱える方法

ゲップを出す2つ目の方法は、縦抱きするように赤ちゃんを抱き抱える方法です。

首がすわってある程度体も大きくなってきた赤ちゃんは、このゲップのさせ方がおすすめです。

動きが出てきた赤ちゃんは、抱っこしてもらっている方が、おとなしくしていられます。

方法

  • 赤ちゃんを縦抱きにするように抱く。
  • ママの肩に赤ちゃんの胸があたる位置まで抱き上げる。
  • 赤ちゃんの背中の上1/2~1/3を、トントンと軽くたたいてあげたり、下から上にさすってあげる。

 

赤ちゃんのゲップを出す3つのコツ

ひぃママ
赤ちゃんのゲップを出すコツってある?

赤ちゃんの姿勢や、背中の叩き方を意識してみて!
ちこ

3つのコツとは

  • 赤ちゃんが前傾姿勢になるように意識してみよう
  • 背中をトントンする手のひらは丸くしてみよう
  • 背中「トントン」してみたり「なでなで」してみよう

赤ちゃんが前傾姿勢になるように意識してみよう

赤ちゃんにゲップさせるときには、「前傾姿勢」になるように調整してあげましょう。

できれば、背中も丸くなっていない方がいいです。

赤ちゃんは背中はまっすぐ前傾姿勢になっているときが、いちばんゲップしやすいので、意識してみてくださいね。

 

背中をトントンする手のひらは丸くしてみよう

ゲップさせるときに背中をトントンする手のひらは、カップをつくるようにすこし丸くするのがおすすめです。

ピンと手のひらを張った状態でトントンすると、赤ちゃんに加わる力が強くなりすぎて、赤ちゃんが気持ち悪くなってしまい、吐き戻してしまうことがあります。

 

背中「トントン」したり「なでなで」してみよう

ゲップさせるときは、背中を「トントン」したり「なでなで」してみましょう。

いろいろな方法を組み合わせることで、ゲップを出しやすくなります。

 

母乳をあげたときにもゲップは必要?

ひぃママ
母乳をあげたときにも、ゲップさせた方がいいの?

母乳のあとは、ゲップさせなくても大丈夫だよ!
ちこ

母乳だけを飲ませたあとは、ゲップさせなくても大丈夫です。

母乳を飲むときは、空気を飲み込む量がそんなに多くないからです。

心配なときはゲップさせてあげてもいいですが、基本は授乳が終わったあとに、そのまま寝かせてOKです。

母乳のあとはゲップさせなくていい

 

ゲップが出ないときのやめどき

ひぃママ
ゲップが出ないときは、いつまで続ければいいの?
5分をめやすに切り上げちゃってOK!
ちこ

ゲップさせようとしても、「なかなかゲップが出ない」ということもあると思います。

そんなときは、5分をめやすに切り上げるようにしてください。

あんまり長時間ゲップの体勢をとるのは、赤ちゃんもしんどいです。

ゲップが出ないときは、顔を横に向けて寝かせてあげればOKです。

万が一吐き戻したときに、吐いたミルクで息が苦しくならないようにするためです。

背中に丸めたタオルを入れて、顔が横を向くように、体全体に角度をつけてあげるのもおすすめです。

ゲップが「5分」出なかったら諦める

 

ゲップを出してあげる回数

ひぃママ
ゲップは何回出してあげればいいの?
基本は1回で大丈夫だよ!
ちこ

ゲップをさせる回数は、1回で大丈夫です。

ただ、こんなときは2回目のゲップをやってみるのもありです。

  • 「小さなゲップしか出なかったな」と思ったとき
  • 「空気がたまって苦しそう…」と感じたとき
  • よく吐き戻しをするとき

赤ちゃんのゲップは基本1回でOK

 

赤ちゃんのゲップはいつまで出してあげた方がいい?

ひぃママ
赤ちゃんのゲップは、いつまで出してあげた方がいい?
生後3〜5ヶ月頃がめやすだよ
ちこ

赤ちゃんのゲップを出してあげる時期は、生後3〜5ヶ月をめやすにしてみてください。

ミルクを飲んだあとでも苦しくなさそうなら、ゲップはさせなくても大丈夫です。

赤ちゃんの様子を見ながらやってあげてください。

ゲップをさせるのは、生後3〜5ヶ月まで

 

赤ちゃんのゲップは必ず出ないといけないものではない

赤ちゃんのゲップをさせる方法コツよくあるQ&Aを解説しました。

赤ちゃんのゲップが、なかなか出ないと不安になりますよね。

ただ、ミルクを飲むときに空気をあまり飲み込まず、ゲップが必要ない子もいるので、ゲップを出すことに、そこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ。

吐き戻しなどがないのであれば、ゲップが出なくてもそのまま様子をみてあげてくださいね。

 

かんたん授乳ガイドをみてみる /

-お世話, 赤ちゃん
-,

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5