トラブル 授乳

助産師解説!授乳すると痛い!原因や対処方法【完全版】

ひぃママ
授乳中に胸が痛い… これってなんで?

こんな疑問に答えていきますね。

 

授乳中、痛みを感じることはありませんか?

痛みを感じつつも授乳を続けていくのって、正直辛いですよね…

心が折れそうになったことがある人も、多いと思います。

今回は、授乳で胸が痛む原因と対処方法を、現役助産師が解説していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 この記事を書いた人

 

授乳するときに痛い原因とは

ひぃママ
授乳のときに胸が痛む原因には、どんなことがあるの?

授乳の仕方や病気とか、痛む原因は色々だよ。にしても、痛みを感じながらの授乳って、ほんと辛いよねぇ…
ちこ

痛い原因

  • 赤ちゃんの吸い方が浅い
  • 胸にしこりができている
  • 乳首の先端に白斑ができている
  • 胸の中に感染が広がっている

赤ちゃんの吸い方が浅い

授乳中に胸が痛む原因で一番多いのが、「赤ちゃんの浅い吸い方」です。

浅い吸い方を続けていると、乳首の根元に傷ができることもあるので、要注意です。

 

乳首の先端に白斑ができている

乳首の先端に、白い点(白斑)ができるときにも、痛みを感じやすいです。

痛みの程度は人それぞれですが「乳首がもげそう」「乳首をダンプカーに轢かれている気分」などと表現される方もいます。

 

乳首に傷ができている

乳首に傷ができているときにも、授乳中に痛みを感じやすいです。

赤ちゃんに吸われていなくても、口に含んだだけで熱く焼けるような感覚を感じることがあります。

 

胸にしこりができている

胸にしこりができているときも、しこりに赤ちゃんの手や体が当たって胸が痛むことがあります。

 

胸の中に感染が広がっている

胸の中に感染が広がっているときも、胸が痛むことがあります。

乳首の皮膚が薄くなってピンクっぽくなったり、しこりなどがないのに胸の奥の方がズキズキと痛むときは、感染症にかかっている可能性があります。

 

胸が痛いときの対処方法とは

ひぃママ
胸が痛むんだけど、どうしたらいいかなぁ…

痛む原因別に対処方法があるから、紹介していくね]早く、痛みがよくなって欲しいねぇ。
ちこ

対処方法

  • 乳首を深く吸ってもらうようにする
  • 保湿
  • 傷ができているときは、治りが早くなる

乳首を深く吸ってもらうようにする

授乳中に胸が痛む原因の9割は、「浅い吸い方」といわれています。

大きな口で乳首をふくませ、しっかり深く吸ってくれるように調整していきましょう。

 

保湿

次におすすめしたいのが、乳首や乳輪の保湿です。

季節に関係なく、常に胸周りは保湿しておくようにしてみてください。

理由

  • 傷は、乾燥しているときにできやすい
  • 傷ができているときは、治りが早くなる
  • 熱が出るときには早めに対処する[/st-mybox ]

 

さいごに

胸の痛みに熱が伴ってくるときは、早めに対処していきましょう

重症化してしまうことがあるからです。

ときには病院に頼るのも、選択肢の1つとしてありだと思います。

授乳中の痛みは、工夫を凝らすことで少しずつ和らげていくことができます。

ぜひ、今回紹介した内容を参考にしてみてくださいね。

 

かんたん授乳ガイドをみてみる /

-トラブル, 授乳
-,

© 2021 Babyma | 授乳がラクで楽しくなる情報サイト Powered by AFFINGER5